エックスサーバー上で年間維持費が一切かからない無償のSSL証明書を発行する手続きについて

エックスサーバーでSSLを発行する手順です。まずはXserverのインフォパネルへログイン。

そして、「サーバーパネル」へログインしましょう。

次に「SSL設定」メニューをクリックしてください。

そして、SSL証明書を発行する「該当ドメイン」を見つけて「選択する」をクリックしましょう。

すると、以下の画面が開きます。

右側のタブ「独自SSL設定の追加」をクリック。

次に「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックしましょう。

クリックすると以下の画面が表示されます。

その後、SSL証明書の発行に失敗すると以下の画面が表示されます。

仮に失敗してしまう場合は「独自ドメイン」のDNS設定がXserverへ向いていない状況が考えられます。その際は、独自ドメインを管理しているドメインレジストラサービス(お名前.comやNamecheap等)へログインしてDNS設定をXserverへ変更しておきましょう。

NamecheapのDNS設定変更方法はこちらの記事「Namecheapで管理している独自ドメインのDNS設定を外部サーバー(エックスサーバー)へ向ける手順」をご参照くださいませ。DNSがXserverへ向いている状態になったら再度、SSL証明書の発行を試してみましょう。

クリック後に以下のメッセージが表示されます。

発行が完了すると以下のメッセージが表示されます。

念のため左側タブ「SSL設定の一覧」をクリックして発行されたか確認していきましょう。

以下の通り該当ドメインへ対してSSL証明書が発行されました。

Xserver上でのSSL証明書発行は以上となります。ぜひお試しください。